FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

グレイセスプレレポ5

2009.12.17 Thu
続き。今回は記憶が曖昧過ぎていつも以上にグダグダしてますお気を付けを…!!

↓からどうぞ!

英知の蔵~フォドラ

正直にいいましょう。この辺りはまったく覚えていないと。(おい
無い脳みそ振りしぼって書きます…他のプレイ感想見に行くのもいいけど日参してるサイトさんはまだプレイ中だっりするので…かといって新しい所へ行くとネタばれが怖い…。みんなネタばれ考慮しようぜ!^p^←お前がいうな
しかしこんなに使えないあらすじもシリーズ初だな(問題発言

英知の蔵は長の所の簾の奥でした。え、長ってどこから話しかけてたの…?
パスカルも入ったことがないらしい。構造は前の遺跡の所に似てました。
星の核は世界の大輝石のもとになっているらしい。「ラムダ」唄の内容が、まさにリチャードとソフィっぽいです。ますますフラグが…。
星の核の入り口は闘技島の近くの孤島にあるとのこと。
さっそく行くぜええぇ!!でもその前に寄り道寄り道。でもやっぱり覚えていない使えない脳みそ。

入った途端にリチャード到着。おお、グッドタイミング…!で、戦闘(だよね?←
なんとか勝って、トドメを…という教官をアスベルが止める。まだ交渉の価値があるかもしれない。
「アスベル…たすけて…きえたくないよ…」
と苦しみながらアスベルに助けを乞うリチャードっていうか、どっちなんだ…?
ソフィを「プロトス1」呼び。なんだかよくわからないけどプロスト1とリチャードの中の人は天敵のようですね。
「違うよ、ソフィだよ。ねぇリチャード、友情の誓いしよう。そうすればきっと…」
「ソフィ…」
手を差し出すソフィ、リチャード元に戻ったのかなと思ったその時、

「死ね」

と剣を向けて攻撃。皆もぶっ飛ぶ。こういう演出本当っ上手いよな…!;;
直撃を食らったソフィは気を失っていて、目を開けない。
ここでアニメ。リチャードの周りを闇っぽい力が覆ってなんか変なのが出てきてアスベル達を飲み込もうとする。アスベルはソフィをおぶって逃げる。あれ、ここってOPじゃなかったのか。使いまわしか。ついに使いまわしかバンナム。リチャードの変なあれは繭になりました。

ザウェートまで戻ってきたアスベル達。ソフィが目を開けない重症。薬も回復も効きません。どうなってる。目を覚ましたけど目が鬱らに…視力がなくなっているようです。
なにか方法はとパスカルを仰ぐアスベル。とりあえず寒いから宿屋へ。
だいぶ関係ないけど困ってるとすぐ顔に出るなラント兄弟。

パスカルはリチャードがソフィを「プロトス1」と呼んだ事でソフィは人間じゃないと考察。治すには違う世界にいくしかないと。なんだか話がでかくなってきましたよ…。
そこでボアソンが登場。パスカルたちの知りたいことは英知の蔵にはないようなので、前の蔵に行けばいいとのこと。ストラタにあるらしい。
なんか通信機的な物をもらいさっそく向かう。

船に乗ろうとするとふらふらした足取りでソフィが。傍にいたい離れたくないと懇願するソフィも連れていくことに。
船の上、アスベルのもとにソフィとシェリアが。
「7年前にアスベルとこうして船に乗ったね」
「夢叶ったね…」
「このまま見えなくなっちゃうのかな…シェリアの綺麗な赤い髪も…アスベルの優しい笑顔も…」
ソ、ソフィーーー!!!!んなことさせるわけねぇだろおおおおお!!!(涙)
は、はやくソフィを、ソフィを治さなければばば…!!!!

道中のスキット。通信装置ネタ。
「教官が心配して益々老け込んでます」
「もうお前たち俺を教官と呼ばなくていいぞ」
教w官wwww


ストラタに着きました。ソフィはアスベルがおぶっているんですね。
さっそく英知の蔵を探す事にします。そこに大統領が!丁度いいので許可もらって大統領も同行し、英知の蔵があるらいい所に行きます。

スキット。足音とかで誰か分かるらしいソフィ。教官はごつごつしてる。パスカルは太陽みたいに明るくて暖かいからすぐわかると…!泣くなよパスカル、こっちまで泣けてきちゃうだろ…っ!(ずびー

ソフィの下に引かれてる布は一体…?みんなの優しさ。
ソフィは「フォドラ」から来たらしいとのこと。星は海に囲まれていること、アスベル達は知らなかったんだ。
とにかくその海を越えるにはなんか2つの発射装置で穴を開けて、シャトルでその中を通って行くという本当に強引な方法。
シャトルはラントの海辺の洞窟にあるとのことなのでラントへ向かいます。

フェンデルから出てくるアスベル達に驚くラントの方々。もうそんないがみ合ってる場合じゃないんです。あれ、ストラタからフェンデルへの船が出たのってもうちょっと前だったよな…。

ラントへ向かった途端、繭から出てきた魔物がラントを襲っているとのこと!
ソフィの事も心配ですがラントも心配!いそいで駆け付けます。
バリーさんたちが頑張っていますが、数が数。バリーを庇ってアスベルが壁にブッ飛ばされる例のシーンが!振り向くヒューもばっちり目に収めました←
結構やばい状況に、ソフィが「みんなを…まもる…!」と光を放ち、魔物を消滅。
でも症状が悪化してしまうソフィ。休めるために屋敷へ。
部屋で休めるとバリーが呼んでいるとヒューとアスベルで向かいます。
バリーはアスベルを誤解していたと和解。ソフィを助けるためにまたラントを空けることも了承してくれました。
肖像画をみながら、ケリー様に、なにが良い事なのかわからないと打ち明ける。ケリーはアストンもそうだった、いつもどうすべきなのか悩んでいたと語る。
自分の信じる道を進め、的な事を言われて、励まされる兄弟。
ごめんやっぱりうろ覚えなんだ…俺の脳みそバカス^p^←

出発時にケリー様からお弁当渡されました。好きな物が入ってると。
これでみんなの好物がはっきりしましたね。
アスベル→カレー(甘口)
ソフィ→カニ玉(カニ玉は正義)
ヒューバート→オムライス(隠してる(笑))
シェリア→焼き鳥丼(女は黙って…男らしい)
パスカル→バナナ、バナナパイ(好きな色も黄色)
マリク→鯛茶漬け(渋い^^)

シャトルまで着いたのはいいけど今度は発射装置の一つがちきんと稼働していないだと…!?なんという無駄足!遺憾の意!!
フェンデルの遺跡へ向かいます。

凍ってる花のディスカバリーでのスキット。ほかに大輝石があればリチャードと争う必要はないんじゃと言うアスベルにむちゃくちゃ言ってるよ、なパスカル。落ち着けアスベル。

遺跡の中の装置、すごく…面倒くさかったです。それくらいしか覚えてません(おま
記憶にないことは仕方ないので、さっさと飛ばします。頭が残念な人が感想書くとこんなことになるのです。

ラントへ戻り海辺の洞窟へ。スキットのソフィを抱くシェリアの「この子の重さを感じさせて…」で涙。もおおおソフィ愛されてる!シェリア優しすぎる!!!!!
あとアスベルのソフィおんぶのグラフはこのためにあったのですね…もっと微笑ましいのかと思ってたけど当のソフィさんが大変な目になっていたなんで…(涙
シャトル。で、協力を要請しましたがやってきてくれてのはボアソンちゃんでした。お姉ちゃん…とは思いつつもボアソンに手伝ってもらいシャトルを整備。
あとは細かい整備だけなので待つことに。

シェリアとあの、輝く木のまで会話。
「不安か?」
「ソフィのためだもの~」
キャラ動画とPVのシーンですね。ソフィと出会ってからのシェリアの気持ちが語られました。7年前のソフィは大人で強くて、嫉妬してたっていうシェリアに、嫉妬?なんでなアスベル。鈍感だから仕方ない。
みんなで戻って来よう!と約束。

シャトルの発射準備に取り掛かります。そしたら魔物の襲撃が!
時間ないけど倒しに行ってきます、あ、なんだ時間制限付きじゃないんだ。
倒してもでてくるよ時間ないよ!ってなってたらバリーさんが駆け付けてくれたよ!
ここは任せてシャトルへ乗り込む。
シャトル発射―!!アニメへ。

シャトル乗ったら乗ったらで魔物がうじゃうじゃ。そこへお姉ちゃんがキメラ(?)に乗って助けに!魔物の相手をしてくれたおかげでシャトルが無事に空の海を抜けました。
みんなのおかげで辿り着くことができた、青い星の前に浮かぶなんか赤っぽい惑星、フォドラ。ソフィの生まれ故郷。


長い…そろそろ感想も終わらせないとな…←



スポンサーサイト
Category:グレイセス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<お休みでした | HOME | グレイセスプレレポ4>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://takaei.blog116.fc2.com/tb.php/482-a86109c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。